So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

メル友 のあのわ

 6月2日に3枚目のシングル「グラデーション」を発売した、チェロを奏で歌うYukko率いる5人組音楽団、のあのわ。8月4日には前作「SPECTACLE」以来11ヶ月振りとなる2枚目のアルバム「MAGICAL CIRCUS」を発売。アルバム発売後には、自身2度目となるワンマンライブツアー「MAGICAL CIRCUS TOUR 2010」を全国4ヶ所で開催する。

 「MAGICAL CIRCUS」には、シングル曲「Sweet Sweet」「グラデーション」の他、現在NHK「トップランナー」2010年度テーマ曲としてオンエア中の「もぐらは鳥になる English ver.」の日本語オリジナルバージョンや、関西で人気の水族館「海遊館」のCMソング「愛をこめて」他数曲を収録予定。初回限定盤には、2009年12 月18日にShibuya MUSIC EXCHANGEにて行われた初のワンマンライブツアー「のあのわSPECTACLE tour 09 わぁ!わぁ!わぁ!ドリーミーなやつらがやって来た!」最終公演の模様を収めたライブDVDが付属される。

メル友
メル友

メル友バレンタインデー大作戦実施中

この世のどこかにあるという、見知らぬ女の子から突然プレゼントを渡されるサプライズイベントが、本日都内3カ所で頻発しているようです。

 バレンタインに女性からチョコレートをもらうと、男性はうれしいもの。例えば、出勤途中に突然かわいい女の子から、「これ、受け取ってください!」と“ポッキー”を差し出されたら、もうその日は勝ったも同然と晴れやかな気持ちで過ごすことができるのではないだろうか。2月 12日、早朝。新宿駅、渋谷駅、品川駅を利用する男性に、そんな幸運が訪れた。

 昨年発売されたニンテンドーDS用ソフト「ラブプラス」のバレンタインキャンペーンの一環として、2月12日に都内3地区で、女の子がバレンタイン限定ARカードとポッキーを道行く男性にプレゼントする、サプライズイベント「バレンタインデー大作戦」が行われている。

 「ラブプラス」は以前、ラブレターを街頭や東京ゲームショウ会場で配布したり、クリスマスに特製のケーキを都内3カ所で販売したりと、話題を提供してきた。「ラブプラス」といえば、恋愛を扱ったゲームというだけに、バレンタインは外すわけにはいかないとばかりに、ポッキーとのタイアップも発表・実施されている。

 今回街頭で配布されたものは、この対象商品を購入してパッケージに記載されているコードを入力するともらえる、バレンタイン限定ARと同じもの。午前8時から新宿・渋谷・品川の駅前で突然、女子高生が後ろ手にプレゼントをしのばせて、道行く男性に渡し始めたこのキャンペーンは、どうやら渡す時間帯が決まっているものの、夕方くらいまで続くらしい。

 今回は品川駅の港南口で取材したのだが、これから出勤だからか、行き交う人は皆ちょっと伏し目がちで、なかなか受け取ってもらえない場面を多く目撃した。けっこう大きめなプレゼントゆえに、受け取りづらかったのか、それともテッシュやチラシと間違えたのか……。女の子がせっかく「これ、もらってください」と恥じらいながら渡しているのにスルーする人が多かった中、たまたま手に取ったある男性は、中身(ポッキー)を確認したのちに振り返り、笑顔になったのが印象的だった。やはり、プレゼントはうれしいものなのだ。ちなみに、プレゼントを渡す対象は男性に限られているとのこと。

 本日夕方まで「バレンタインデー大作戦」は続くので、これからお出かけの方は、目の前にプレゼントを渡そうとしている女の子がいないか、注意深く確認してもらいたい。

増え続ける高学歴のワーキングプア

2009年11月23日、北京市郊外に「アリ族」と呼ばれる若者たちが多数住んでいる地域があるという。彼らは有名大学を卒業しながらまともな職にありつけず、ウサギ小屋のようなアパートで集団生活を送っている「中国のワーキングプア」だ。チャイナフォトプレスの報道。

北京市海淀区には、「学生アパート」と銘打ちながら、入居者のほとんどを卒業生が占めるアパートがある。彼らの共通点は、有名大学を卒業後1~2年が経過しても正規の就職ができず、北京市民の平均を大幅に下回る月収1500元(約1万9000円)あまりの低収入でなんとか食いつなぐ地方出身者だ。多くの住居は4~6人が一間に暮らすつくりとなっており、家賃は1ベッドあたり250元前後(約3200円)が相場だという。都心に比べれば相当に安い価格設定のため、彼ら「アリ族」が多く集まってきた。狭い住居にすし詰めになって暮らす様子がアリの巣のようであることから、このように呼ばれるようになったようだ。

【その他の写真】

「アリ族の聖地」とも言うべき同区の唐家嶺地区では、状況はやや良好と言える。ここに住むアリ族のほとんどは付近の科学技術区内にあるソフトウェア関連の企業で非正規の仕事に就いている。平均家賃は2人暮らし用、トイレとキッチンつきの住居で600~700元、それに空調費120元、ネット通信料40元がかかる。まだ求職中の第2新卒者や社会人1年生も多く住んでいるという。

中国教育部の7月の発表によると、09年の大卒生の就職率は68%という厳しい結果に終わり、このようなアリ族を大量に生み出したと思われる。アリ族の90%以上は80年代生まれの若者で、男女比率は半々。北京市では10 万人、全国では100万人以上存在すると言われている

女の買い物には付き合いたいくない!

『ねえねえ!どっちが良いと思う?』と聞いても『どっちでも良いんじゃない?』と適当な返事。
こんな経験はないでしょうか?
そのような男は何もあなたの彼氏、旦那さんだけではないのです!というか、ほとんどの男は女性の買い物に付き合うことは面倒くさい!と考えているのです!それはなぜか?
本日は買い物に関する男の本音を激白!!
『女の買い物になんか付き合いたくねえ!!!』
です!気を静めて、落ち着いて読んでくださいね。(笑)
例えば、そろそろクリスマス。女性は彼氏のプレゼント、旦那、子供へのプレゼントに気をくばり、いろんなお店にいき検討したりする。『これが良いかな?』『されが似合うかな?』と、いろいろなモノを比較したりする。
それに比べて、男は家族4人分のプレゼントを1時間以内で即決買う事のできる。誰かにアドバイスを求めたり、意見を聞いたりなんてことも必要なく、自分でアレにしよう!と決めたら、売っているお店にいき、そこにあるモノの中から即決するのです。いろいろとお店をまわってモノを比べるなんて行為は男にとってはストレス以外の何物でもないのだ。
そもそも男にとって買い物という行為自体がストレスであり、イヤなのだ。面倒くさいのだ。しかし、女性にとって買い物、ウインドウショッピングとは一種のストレス発散効果となっているのです。なぜ男には買い物がストレスなのか?


男は何事も効率的に済まそうとする。しかも視野が直線的であるため、目的地があればそこへ最短距離ですすむようにインプットされているのだ。
買い物という行為に限れば、”選ぶ”というよりは”買う”というのが目的であり、それさえ達成できれば良いと思っている。それに比べ女性は視野が広く、人ごみの中をかきわけたり、いろんなショップへいくことも苦とも思わない。
事実、ある学者が調査した結果によると、男が買い物している最中、品定めをする間のストレスは暴動の制圧をしようとしている警官のストレスに匹敵するらしいという結果もでている。それくらいのストレスを男は抱えているのだ。
また男は意味のない行動をとても嫌う。それもストレスの要因になる。例えば、女性はウインドウショッピングなど、買う意思もないのに商品を見たり、試着したりする。一瞬でも自分のモノにしたり、自分に置き換えて、イメージするだけで喜べる生き物なのかもしれない。
だけど、男にとってはそれは空想。無意味なことであって、買わないのにわざわざ人ごみに出かけるのは無意味であり、目的意識のない行動に思えるのです。その結果が
『ええ~~~ウインドウショッピング??それよりも映画見にいかねえ?』
という事になるのです。
ですから、男を買い物に付き合わせるときには近くにその男の興味あるモノがある場所へ、連れ出しましょう。例えば男がパチンコが趣味なら、『パチンコしてれば?私買い物してくるね!』とか、マンガ好きならば、『マンガ喫茶でマンガ読んでてもいいよ!買い物にいてくるね!』と、男には好きなモノをやらせて、自分だけショッピングを楽しむのが良いのかもしれません。
中には『買い物?いいよ。』と付き合ってくれる男もいるでしょう。だけどもそれはあなたを愛しているための行為であり、実のところはストレスになっているという事を理解してくださいね。最後に一番男が嫌がる女性の買い物でのケースを紹介すると・・・
女 『ねえ、こっちの色と、こっちの色、どっちが似合うかな?』
男 『う~ん・・こっちの青が良いんじゃない?』
女 『ええ~?本当?私はこっちの黄色が似合うかな?思うけど・・』
男 『う~んそうかもね。じゃあそっちにしたら?』
女 『また適当なこと言って!ちゃんと選んでよ!!』
男の本音 
『だから最初に青って言っただろ!!!オマエ黄色が良いならさっさと買えよ!』
はい・・・これボクがよくいらだつ言葉です。まあこの本音は相手には言いませんけどね。自分の中で良いと思っているモノがあるのに、わざわざ男に同意を求める。でもって、それが逆の意見だと、それを直そうとする・・・で、結局どっちも買わなかったりする。
『あ~なんて面倒くさいんでしょ!(笑)』

メル友 ○○とつきあえば?

かわいいもんじゃないですか、男の意地っ張り。笑
あ、もしくは本心だったりするのかな。

ごくごく親しい友達関係のふたりのばあい、その境界線を越えるのってムツカシイ。(いや、たんじゅんなことではあるんだけれども)
そんな仲で彼はあなたを全くおんなとしてみていないばあい以外は、この言葉を使うのは多少の嫉妬や皮肉はこもってると思う。


ご近所物語のツトムみたいに、「あたしにも大事な人がいるからねー」って気持ち匂わせてみたり、「寂しいこと言わないでよ」って素直にいってみたらどうかな?
多少のアクションや変化は見られるんじゃないかと思います。


意外と男性も相手の様子をうかがっているもの。いけるかも、そう思わせることが彼の行動を変えるのよ。

マリエ、さすがのセレブ発言

シリーズ史上最もハイスピードなアクションと、主人公のフランク・マーティンのロマンスが話題の映画「トランスポーター3 アンリミテッド」のプレミア試写会が、24日、神戸・蘇州園にて行われ、モデルのマリエがスペシャルゲストとして登場した。

 今回マリエは、製作・脚本を務めたリュック・ベッソンについて「おばあちゃんはカンヌ国際映画祭の審査員でリュック・ベッソンの育ての親」と以前よりテレビなどで話をしており、親交があったことからゲストに起用。「おばあちゃんが映画監督をしていてカンヌの審査員をしている時に16歳のリュック・ベッソンをカンヌに連れていったそうなんです。 今はロスでゆっくりしているお父さんもリュック・ベッソンと交流があって、いい人らしいですよ」とまさに“セレブ ”なエピソードを披露した。

他人とほどよい距離をたもつ

他人から敬遠される人の代表格は、「自分を押しつける人」です。
友達なのだから、何でも相談してほしい。恋人なのだから、何でも包み隠さず話してほしい、自分を信用してほしい……。
一方的に友情や愛情を押しつける人は、たいてい、それが相手の負担になっているということに気づいておらず、ただ「仲よくしたい」という善意のつもりで行っているのです。

まだ付き合いの浅いうちから、「私と永遠の友情を結びましょう」などと要求されるのは、相手にとっては窮屈なことです。「私を裏切ると許さないぞ」と脅迫されているように感じてしまうのです。
しかし、友情を押しつけている本人は、それを好意だと思いこんでいるので、相手に拒絶されたときには、自分の純粋な気持ちが踏みにじられたように思い込んで、恨みをもってしまいます。

そういう経験を繰り返していくうちに、「どうせ私のことなんか、誰も相手にしてくれないんだ」と自信を失ってしまいます。他人に執着するか、逆に心を閉ざしてしまうかのどちらかに偏ってしまうのです。
もちろん、一生付き合えるような友人をもつことは素晴らしいことですが、それはあくまで結果として、後になって振り返るべきことです。
ある友人との関係が「一生続く友情」かどうかは、自分の一生が終わるときまで判りません。

今、互いの友情をはぐくみ、尊重し合い、感謝し合うことは大切ですが、それは押しつけて得られるものではありません。
「永遠の友情」というきれいごとにこだわるよりも、「長く付き合っていれば、そりが合わなくなることだってある」と気楽に考え、ほどよい距離をたもつほうが、結果的にはよい人間関係を結ぶことができるのです。

暴走族などの不良グループは、自分たちの間に厳しい戒律を設けます。しばられることを嫌って社会から抜け出したはずなのに、皮肉なことに、さらに厳しい掟で自分たちをしばりつけるのです。
そうやって自分たちをしばりつけるのは、互いを信頼していないからです。いつか他人は自分を裏切るに違いない、と警戒しているからです。
彼らは、他人を疑い、罰をちらつかせて脅迫し合うことの中でしか、人間関係を築けないのです。

「他人とのほどよい距離をたもつ」というのは、けっして「いつ嫌われてもいいように、はじめから深入りしない」という消極的な態度ではありません。
ここが、まさに多くの人が陥りやすい過ちです。自分の気持ちだけを一方的に押しつけず、相手の気持ちも考えながら相互に良好な関係を築いていくということです。
友情や愛情に「思い入れ」をもつのはよいことですが、「思い込み」はよくありません。

他人から嫌われたくないと思うのは、誰でも当たり前のことなのですが、その不安を他人に押しつけても、よけいに好かれるということはありません。
どれだけ不安に怯えても、嫌われるときは嫌われるのですから、同じことです。

むしろ、嫌われることを怖れれば怖れるほど、他人からはうっとうしがられます。そういう人は、自分のことしか考えていないからです。
「嫌われたらどうしよう」と不安に怯えるよりも、「嫌われたら、そのときに傷つけばいい」と気楽に考えるほうが、人間関係をより楽しむことができ、自分にとっても得なのです。

「運命の人」の作り方。

お互いの心のカタチがぴったりと合うのが、「運命の人」。
でも、生まれつきぴったりハマる人なんて、この世には存在しません。
お互いが運命の人になるためには、自分のココロのカタチを、相手に合わせていかないとダメ。

三角形がぶつかると、四角形になり。
四角形がぶつかると、五角形になるように。
お互いがココロをぶつけあって、だんだんと相手の形に合って行くんです。
違う形がぶつかるのだから、痛くて当たり前。
ぶつかって、削って、ぼろぼろになって。
そうやって傷つきながら、ちょっとずつ心の形は近付いていきます。
相手は自分に合わせ、自分は相手に合わせる。
この繰り返しをすることで、「赤の他人」が「運命の人」へと変わっていくんです。

あなたは、相手と自分のココロのカタチ、合わせてますか?
「この人は、私に合わない」
「この人も理想と違う」
なんて言って簡単に恋を諦めてたら、いつまでたっても運命の人なんて手に入りません。

もちろん、いくら努力しても、運命の人にするには難しい人もいます。
相手のカタチとあまりにも違いすぎたり、ココロの”材質”が違ったりしたら、難しいですね。
例えば、片方は攻撃的で毒舌の「鉄の心」、
もう片方は打たれ弱くてすぐ落ち込む「豆腐のココロ」を持っていたら。
形を合わせようとしても豆腐がつぶれるだけで、鉄はどうやっても変わらないですね。
豆腐が相手に全て合わせたとしたって、そんなのは簡単に壊れてしまいます。

でもある程度、相手とココロのカタチが合う部分があるなら。
あなた次第で、相手次第で、運命の人になれるかもしれませんよ。
ココロをすり合わせ、本音でぶつかり合うのは、辛い時もある。
けれど、そこでやめたらずぅ~っとそのまんま。

今まで「私には合わないわ」なんて言ってすぐに諦めていた人は、もう一度見直してみましょう。
二人のココロ、本当に合わせられないモノでしょうか?
カタチや材質、そんなに違いすぎますか?

もしまだ合わせていない部分があるのなら、お互いに形を変えてみてください。
一生を終える時に「やっぱりあなたが運命の人だった」って言えるように、
二人でココロをすり合わせて行きましょう。
運命の人は”いる”ものではなく、”なる”ものなのだから。

顔と髪型の関係

人の顔が絵だとすると、髪の毛は絵を縁取る額縁。なんでもないように見えたただの絵が、額縁をつけたことで活き活きとしてくることもあれば、逆に額縁に負けてしまうこともあります。人の顔と髪型の関係もこういうことなんでしょうか?

 たとえば額縁のない絵を人に喩えると、それは坊主頭です。人の世のさまざまな邪念を取り去るために、象徴的に髪の毛をさっぱりとカットし、さらに剃り上げて肌色に仕上げた状態です。しかし、我々の普通の生活は、邪念と煩悩とともにあるからこそ意味があるのです。どんな髪型にするか。それは人の生き方そのものに違いありません。

 たとえば短くし過ぎた髪の毛を”失敗”だと感じるのはどうしてでしょうか?このときに感じる物足りなさや、バランスの悪さは、自分が持っている物事への関心や好奇心の大きさに比べ、髪の毛の量が足りない、と感じるからだろう、と思います。

 これはつまり、自分の内面に隠れたものをも含む、関心事や願望を抜き出して形にできれば、それは人の顔を引き立てる髪型になるのだろう、と思います。才能あるヘアデザイナーなら、おそらくあなたの内面に隠れたものも含めて、髪型を仕上げてくれるに違いありません。

 しかし、運が悪いと、その逆の結果になりかねません。

 髪型には、その人の顔の実力に願望を足したくらいがよいのかも知れません。なぜかというと、人の表情は髪型に影響され、次第に変化してゆく可能性がある、と思うからです。
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。